【イベント案内】海洋教育基盤研究プロジェクト(海洋学)「海洋知と領域支配」シンポジウム開催(9/4)

海洋教育センターでは、東京大学の研究者が各々の専門性を活かして、
教育現場で活用する海洋教育の教材や資料の作成を目的としたプロジェクト、
海洋教育基盤研究プロジェクト(海洋学)を展開しています。

本プロジェクトの研究課題「海洋知と領域支配」(代表者:杉本史子 東京大学史料編纂所 教授)
においてシンポジウム「海洋と近世社会―船と港から問い直す」を、下記のとおり開催いたします。
本イベントのちらし

興味関心のある方はどなたでも参加可能です。下記の専用フォームからお申し込みください。

【日時】2021年9月4日(土)13:00~(12:45開場)

【開場】オンライン(Zoomで行います)

【タイムテーブル】
13:00‐13:10:趣旨説明(杉本史子 東京大学)
13:10‐14:40:齋藤善之氏(東北学院大学教授)「近世の港町 -類型と機能-」
14:50‐16:20:安達裕之氏(東京大学名誉教授)「骨なし舟 -和船の船体構造について-」
16:30‐17:30:討論

【参加方法】
事前申込み制です。
8月30日(月)までに、こちらの専用フォームからお申し込みください。
追って詳細をご連絡いたします。

【備考】
・研究会の録音・録画や資料の転載はご遠慮下さい。
・Zoomの表示名をお申し込みのお名前と一致させてください(出欠確認いたします)。
・記録のため、事務局による録音・録画を行いますのでご了承下さい。

【お問合せ先】
東京大学史料編纂所
事務局(佐藤):mar-sato★hi.u-tokyo.ac.jp(★を@に変えてください)