(終了しました)アニメーション映像『海―いのちをめぐる旅』期間限定公開のお知らせ

(6/16更新)アニメーションの期間限定公開は6月15日をもって終了しました。

海洋教育センターでは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響から、日本の各地域で学校の休校と自宅待機を余儀なくされている児童・生徒およびその保護者の皆さまや、休校期間中の児童・生徒向け学習教材等を検討されている教育関係者の皆さまに対し、センター企画・監修のアニメーション映像『海―いのちをめぐる旅』を期間限定(2020/6/15まで)で公開いたします。

『海―いのちをめぐる旅』は、地球の多様な生命のつながりを巡る旅を通して、広大な海の秘密を探りながら、海と私たちとの深いつながりを描き出す物語です。

監督は、東京芸術大学在学中に多数の映画祭で受賞し、「みんなのうた」「2355」「シャキーン!」などのテレビ番組や、「マルコメ×タニタ食堂」「ANA CARD」などのCMにてアニメーションの監督・制作を務める大桃洋佑さん。

ナレーションは、『ルパン三世 カリオストロの城』でのクラリス役や『風の谷のナウシカ』でのナウシカ役など、数多くの作品に出演されている島本須美さん。

制作を務めたのは、宮崎駿監督作品『毛虫のボロ』のCG制作や、テレビアニメ『イングレス』などを手掛ける株式会社クラフターです。

この映像が、子ども、大人を問わず、世界をとりまく海に思いをはせ、海と自分たちのつながりを意識し、海へ関心を向け、環境問題を自分ごととして捉える視点を得るきっかけとなれば幸いです。

 

【アニメーションの概要】

『海―いのちをめぐる旅』

2019年制作 15分

監督:大桃洋佑

制作:株式会社クラフター

企画・監修:東京大学大学院教育学研究科附属海洋教育センター・日本財団

文部科学省選定映像

 

【公開期間】

2020年4月6日〜6月15日

※(6/4追記)公開終了を6月15日(月)としました。これ以降、視聴を希望される場合には海洋教育センター事務局にお問い合わせください。

※(5/7追記)国内での緊急事態宣言の5月末までの延長などを考慮し、公開期間を延長しています。

 

【映像について】

本アニメーション映像においては、センタースタッフによる監修を行なっていますが、生物の動きなどを簡略に描いている部分がございます。視聴にあたっては何卒ご了承ください。

 

【本件に関するお問い合わせ】

東京大学大学院教育学研究科附属海洋教育センター 事務局

Mail: cole-info(at)p.u-tokyo.ac.jp ((at)を@にかえてください。)

※海洋教育センターは、新型コロナウイルス感染症対策に伴う在宅勤務を実施しているため、メールによるお問い合わせのみ受け付けます。